メイン画像1

メイン画像2

メイン画像3

他人の商標権を侵害したら?

商標を登録せずに使用している場合、
知らず知らずのうちに、他人の権利を侵害している可能性があります。

商標権の侵害は、刑事罰の適用もある犯罪行為です。

(侵害の罪)
第七十八条  
商標権又は専用使用権を侵害した者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

第七十八条の二  
第三十七条又は第六十七条の規定により商標権又は専用使用権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

標章を使用する際に、気を付けなければならないことは、
自分が使用する標章が、他人の権利を侵害していないかどうかということです。

他人の権利を侵害している場合には、速やかに標章を変更するなどして、
その標章の使用を停止した方がよいでしょう。

他人が自分の商標権を侵害している・・・

他人が、自分の登録商標と似ている商標を使用している。
せっかく登録したのに、勝手に使用されて納得がいかない。

そんな時は、差止請求損害賠償請求などの権利行使をすることができます。

その他にも、不当利得返還請求、信用回復の処置、使用許諾契約もできます。

日本においても近年、中国などの海外企業の国内参入により、
権利侵害による損害賠償請求などの訴訟が多くみられるようになりました。

商標権は、取得したら終わりではなく、
取得してからも、他人の無断使用を排除したり、使用許諾を結んだりと、
権利を有効に行使することができます。

外国での権利行使については、こちらをお読みください。

商標調査の重要性

他人の権利を侵害しているかどうかは、その他人から内容証明郵便が届く前に、事前に調査しておきましょう。早めに調査することによって、他人の権利を侵害していれば、商標を変更するなど対策をとる必要があります。

調査の結果、他人の権利を侵害していなければ、その商標について登録しておくことをお勧めします。一年後に、他人に取得されて、その他人の権利の侵害となっている可能性があるからです。

半年ごと、一年ごとに調査を行って、びくびくしながら商標の使用を行うよりは、さっさと登録しておいた方が、様々なリスクを回避することができます。

的確な調査をするためにも、商標調査は弁理士事務所に依頼することをお勧めします。